So-net無料ブログ作成
食べ物・おつまみ・お酒 ブログトップ
前の10件 | -

山と川の美味しい日本酒 [食べ物・おつまみ・お酒]

先月に続き、嫁様が北海道旅行のお土産に日本酒を買ってきてくれました。
私にとって日本酒は、毎日いただく貴重な栄養源なので本当に嬉しいかぎりであります。

今回は、男山(旭川市-男山株式会社)と神川(上川町-上川大雪酒造)の2本!!
とりあえず常温で一口お味見してみると、どちらも力強さを感じる味わいで普段飲んでいるお酒とは違う種類の旨味・甘みを感じます。

早速晩酌に、男山を”ぬる燗”にしてみると良い香りが漂い、見事に燗上がりしました! この味わいは焼き魚に合いそうだなぁ〜(=^x^=)。北海道のお酒だから、鰊かなぁ・・。シシャモもいいなぁ・・。
神川の方は冷蔵庫で冷やしてチビリチビリとやるのが良さそうな、そして何にでも合いそうな。
どちらも、大事にいただきましょう。

そして、お土産とは別に常備していたお酒が、なんと同じ名前の男山!(宮城県気仙沼市)。
日本酒-男山.jpg
もう1本は、神川ではありませんが桃川!(青森県おいらせ町)
日本酒-神川桃川.jpg
偶然にも名前に「山」と「川」が付く日本酒の競演となりました(=^x^=)

余談ですが、旅先で北海道を旅行する海外の方と話す機会があったそうで、北海道でも売っていた「桃川」を見て、「これは日本のお話「桃太郎」と何か関係があるのでは!?」と興味津々で聞かれたそうです。桃太郎の「桃」と流れてきた「川」を合わせて「桃川」!?だと思ったそうで(=^x^=;
川を流れてきた桃から生まれた桃太郎というお話は、やはりインパクトがあるんですね。

以前書いた記事の、あの人形がお土産屋さんで売っていたら間違いなく日本のお土産に購入されていたことでしょう(=^x^=;

※ちなみに”桃川”の名前の由来は「百石川(奥入瀬川の地元での通称)の水を使用していたことから「百(もも)」を果物の「桃(もも)} に代えて「桃川(ももかわ)」と名付けらた」(桃川株式会社HPより)とのことであります。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

市販の梅酒をグレードアップ! [食べ物・おつまみ・お酒]

お盆を迎えると昔は朝晩涼しくなったような気がするのですが、そんな気配は全く感じない今日この頃・・。暑さ寒さも彼岸まで・・、ということはまだ1ヶ月以上は暑い日が続くんですね(ーー;

体の方もだいぶ夏疲れが溜まってきた感じですが、こんな時は自家製果実酒で元気を取り戻すのが一番!、と日々食前酒にお猪口で1杯飲んでいたら、2017年に漬けた梅酒を飲み尽くしてしました(;o;)

空いた瓶に残った梅を見ると、まだまだエキスが残ってそうな雰囲気。
ただ、今から漬けたのでは美味しく飲めるのがかなり先になってしまうので、今回は市販の梅酒で2度漬け梅酒を作ることにしました。
梅酒 2019.jpg
これなら、すぐ飲めるし少しづつグレードアップしていく味わいも楽しむことができます。実はこれが結構いけるんですよね(^^)

湯上りには、炭酸水で割った「ウメッシュ」もまた良し、でございます。


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

大好きな春のお酒「浦霞 春酣」 [食べ物・おつまみ・お酒]

毎年この季節、楽しみにしているお酒があります。
宮城県塩竈市の佐浦酒造が期間限定で発売する日本酒「浦霞 春酣(はるたけなわ)」です。
純米吟醸生酒でフレッシュ&フルーティ。その名の通り、春を思わせる味わいなのです(^^)
浦霞 春酣.jpg
今シーズン1本目を購入し、お味見とばかりに晩御飯の前に頂いたのですが、口に含んだ瞬間「これだぁ〜・・(^▽^)」と唸ってしまいました。普段飲んでいるお酒より少しだけアルコール分が高め、そして、お味見なのに普段より大きめの蕎麦猪口を選んだおかげで(^^;早々に気持ちよく酔ってしまいました。

日に日に暖かく、そして日も長くなってきましたが春はまだ始まったばかり。
今年はこのお酒を携えてお花見に行こう!と心に誓った昨日の夜更けでございましたが、普段飲んでいるお酒よりお値段も少し高めなので(ーー;桜が咲くまで頑張って仕事しなくては・・。

そして、浦霞とユニクロのコラボTシャツが先日発売されました!
他にもお気に入りの酒蔵もあったので買いに行かなくては(^^)


タグ:日本酒
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ゴーヤチャンプルと石垣島ラー油 [食べ物・おつまみ・お酒]

今年は梅雨明け後もジメジメと蒸し暑い日が多く、暑さより湿度にヤラレる夏であります。夏野菜をたくさん食べてスタミナつけねば!ということで、先日スーパーで手に入れた沖縄のお豆腐を使って、久々にゴーヤチャンプルを作ってもらいました(^^)
itomataro-20170726aゴーヤチャンプル.jpg
今回のお肉は豚バラでしたが、個人的にはスパムも結構好きです。次回のためにストックしておこう!
そして、豆腐の脇に売っていた石垣島のラー油も買ってきたので試しにかけてみると、これまた旨い!
itomataro-20170726c石垣島ラー油.jpg
食べる系?のラー油は嫁様が好きでよく買ってきますが大体は辛すぎて敬遠してしまいます。コレなら私でも食べられます。というかホント旨い! 餃子のタレにも絶対合いますね(^_^)

ゴーヤと同じくらい好きな夏野菜のズッキーニ。
itomataro-20170726b焼きズッキーニ.jpg
ラタトゥユも良いですが、輪切りにしてオリーブオイルで焼いて塩コショウを振ったシンプルなコレも大好き。

野菜といえば、豆苗君の再々収穫でありますが前回の写真から1週間経過して
itomataro-20170726d豆苗再々収穫.jpg
↑こんな感じでした。
購入時から数えて3回目の収穫は、1本1本も細く根っこの種の養分もやはり限界のようですね。

次回は、月の満ち欠けと草木の生育関係(満月に向かう周期は成長が早い?)を確認すべく、カレンダーで購入日を検討しようと思います。
(と、ずいぶん前にも同じことを言っていたような気もしますが(^^;)


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

栄養豊富で安価で再収穫できる超コスパ野菜の豆苗君 [食べ物・おつまみ・お酒]

3年前に栽培観察してからハマってしまった豆苗君の再収穫。
どこのスーパーでも1袋100円くらいで買えて、簡単に使えるし栄養も豊富。カロテンは、ほうれん草よりも多く含まれるそうです(新・野菜の便利帳 おいしい編 (便利帳シリーズ) より)。さらに、根っこ部分を水に浸して日当たりの良い窓際に置いておくだけで再収穫できるというコスパぶり。

ニンニクと鷹の爪といっしょにゴマ油でさっと炒めて食べるのが一番好きですが、ピーマンやもやしと一緒に炒めたり、焼きそばに入れたりしても美味しいですね。

猫を飼い始めてから置き場所に困り栽培を断念していましたが、今回買った豆苗の根っこがあまりにも立派で捨てるのが忍びなく・・、猫を入れないようにしている畳の部屋で昼間は日に当てて、夜は仕事部屋に移動するという方法で栽培することにしました。

気温、月の満ち欠けなどなど、環境が最高に適していたのか、わずか数日で買ってきた時の状態にまで育ち1回目の収穫を終えました。すっかり写真を撮り損ねて胃袋に収まってしまいましたが、本日から2回目の栽培開始であります。
itomataro-20170706a 豆苗と猫.jpg
切った部分からは水が滴るほど根っこから水を吸い上げているのに驚きました。
猫たちが寄ってきましたが、匂いを嗅ぐだけで不用意には舐めないんですね。
itomataro-20170706b 豆苗と猫.jpg
さて、2回目の収穫は何日後になるのか? 楽しみです。

にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ
にほんブログ村ランキング参加中です。宜しくお願いします!


タグ:食材 豆苗
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2017 自家製梅酒 仕込み完了 [食べ物・おつまみ・お酒]

6月の初めに古民家暮らしの頃に仕込んだ梅酒をすべて飲み干してしまい、早くも自家製梅酒が恋しい蒸し暑い梅雨の夕暮れ・・。この季節は、食前酒にお猪口でストレートを1杯、そして風呂上がりにはソーダで割っていただくと疲れが吹き飛ぶんですが、無いと余計に飲みたくなるもので(ーー; 少し前にスーパーで売っていた梅があまりにも綺麗で出来が良く、思わず買ってしまいました。

買ったからには仕込まねば!、ということで当時嫁様がやっていたのを思い出し、勢いで仕込んだ梅酒です(^^;
itomataro-20170702a 自家製梅酒.jpg
黒糖焼酎「奄美」とキビ砂糖で漬けました。
最初、下の方に大量の砂糖が沈んだままで「分量間違えたのかな?・・」首をかしげつつ瓶を揺すったりしながら眉間にしわを寄せていたら、全然問題ないよと嫁様に言われホッとしたのでありました。
itomataro-20170702b 自家製梅酒.jpg
確かに漬けてから1週間ぐらいしたら、結構溶けていました(^^) 思い出した時、たまに揺するくらいで大丈夫とのこと。
美味しく飲めるのは半年後?ではありますが、今から楽しみな自家製梅酒でございます。


タグ:梅酒
nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

最後の自家製梅酒 [食べ物・おつまみ・お酒]

歳をとると時の経つのが早く感じる、ではなく確実に早くなっているのではないかと思う今日この頃。
原発事故後の暮らしは、季節の移り変わりを気温と日の長さと道端の雑草でしか感じ取れない日々で、古民家暮らしとは比べ物ならないくらい単調で1日がすぐ終わってしまうというのもあるのでしょう・・。

明日からもう6月。衣替えの前にやらなくてはならない事が色々あるが、思えば去年も出来ずに1年経ってしまった事がほとんどだったり(ー_ー;
草刈りや家の手入れといった肉体労働がほとんどなくなったおかげで体も完全になまってしまい、疲れが取れない状態が続いたりします。

itomataro-20170531梅酒1.jpg
この時期の疲れによく飲んでいた自家製梅酒。大きな瓶にたくさん作っていた梅酒も、ウィスキーの小瓶に移したコレが最後となってしまいました(;_;)。
itomataro-20170531梅酒2.jpg
芝刈りが終わった庭を眺めながら、カツオの梅煮をおつまみにコレを食前酒にいただいていたっけなぁ・・。
湯上りに、ソーダで割ってありがたくいただく事にします。なんだか、今日は草むしりの夢を見そうな気がします・・。


タグ:梅酒
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

熟成カリン酒で地味に居座る風邪菌を追い出そう [食べ物・おつまみ・お酒]

今年は珍しく年明けから喉にくる風邪にやられ、それからずっと地味に風邪気味の状態が続き、それに加えて急に顎関節症になったりと・・何だかスッキリしない体調の日々。
そんな時は、とっておきの果実酒の登場であります。
itomataro-20170212カリン酒a.jpg
6年物のカリン酒。2010年の冬、つまりは古民家暮らし最後の冬に仕込んだ最後の果実酒ですね・・。すっかり、濃ゆい色に漬かっており見るからに効きそうですね(^^;
itomataro-20170212カリン酒b.jpg
氷水で少し薄めて味見してみると意外に飲み易く、薬としていただくにも良さそうです。
itomataro-20170212カリン酒c.jpg
それにしても、あの大地震から6年になるんですね。
震災前の記事を読み返してみると今でもその時の事が鮮明に蘇ってくるので、ブログをやっていて良かったなぁと思います。ほんとに楽しい毎日でしたね。
古民家暮らし再開は難しい現状ですが、せめてもう少し静かで自然を近くに感じる事ができる暮らしができたらと思う今日この頃でございます。5年後位に・・と具体的な目標を書くと実現するらしいので?、書いてみました・・。





酒は飲んでも・・・ [食べ物・おつまみ・お酒]

お酒が大好きで毎日晩酌を欠かしません。
独身の頃などは毎週の様に夜の繁華街へ繰り出していましたが、古民家暮らしを始めてから外でお酒を飲む機会がめっきり減りました。家のおつまみが旨い、人混みが嫌い、出掛けるのが面倒くさい、貧乏暇なしなど・・理由はある様な無いような。
(古民家暮らしはお休み中ですが、その点は今も変わりなくお家でお酒をゆっくり楽しむ日々です。)
それでも、体調が良く天気が良く懐も暖かいという年に1度あるか無いかというワンダルフルな休日には、数少ない行きつけのお店に飲みに行きます。実は昨日がそんな1日でありました。

最近のお気に入りは日本酒で、家でも毎日の様にいただいておりますが、お店だと色んな種類を少しずつ飲めるのが嬉しいところ。美味しいお酒は自然とペースが上がってしまいます。家で飲んでいると途中でお皿を下げたり少し洗い物をしたり、必ず何らかのインターバルが入るのですがお店だとそれがありません。結構な量をいただいたようで・・、本日は見事なまでの二日酔いに苦しみました。忘れた頃にやってしまう反省の1日、そして久々の休肝日でありました。

写真は、昨年から撮り始めたお家で飲んだ日本酒コレクション。
itomataro-20161127.jpg
現在117枚(本)。同じお酒は撮影しないので・・お家でも結構なペースでいただいてますね(^^;

健康で長生きが最大の人生目標なので、もう少し飲酒のペースを落として・・まだ飲んだことに無いお酒を楽しんでいきたいと思う夜更けでございます。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

要注意!甘とうがらし [食べ物・おつまみ・お酒]

先日、スーパーの直売野菜コーナーで買った「甘とうがらし」。調理前に写真を撮るのを忘れてしまいましたが、見た目は獅子唐を3倍にしたような感じで、パッケージには”ピリっと辛い”とのコメント。

早速いただいてみようと、嫁様がフライパンで炒めている時に異変が・・「なんか・・目がヒリヒリする!」。やがて全員にその症状が移り、一斉に咳き込む一同(;o;)。気化した刺激成分が部屋中に広がったようで、耐えきれず窓を全開に。
とりあえず、焼き大臣自ら味見を・・。辛いものが大好きな嫁様も「ひと噛み」でギブアップするほどの超激辛(だったそうです)。獅子唐でも時々ある激辛の大当たりというヤツだったんでしょう。
itomataro-20150915a.jpg
一緒に焼いたナスに辛味が写っていなかったのが不幸中の幸いでありました。

「目が〜・・」「喉が〜・・」と大騒ぎの人間たちを尻目に、真っ先に逃げだしそうなネコ達は気持ちよさそうに爆睡したまま。粘膜が刺激に強いんでしょうかね?・・。
itomataro-20150915b.jpg

甘く見ると痛い目にあう「甘とうがらし」の一件でございました。


タグ:食材
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | - 食べ物・おつまみ・お酒 ブログトップ